キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 中国の不動産担保事情 : 不動産担保ローン解説

中国の不動産担保事情

不動産担保ローン解説

不動産担保ローン解説メイン画像

中国で不動産担保ローンを組む人が多くなっているその理由とは?

中国の不動産担保事情

中国北京では、今、不動産担保を行う人が多くなっているようです。

その背景には、新たな不動産抑制策である新国五条が関連しているようです。

この政策前の段階では、中国でもこうした不動産担保を利用する人はそう多くなかったといいます。

不動産担保を多くしたこの新しい政策は、中古物件取引の差額収益から20%を税金として収めるというものを制定しています。

この政策が実際に行われれば、20%もの税金を支払うことになるので、今のうちに不動産担保を行い新しい住宅を建てておくことが望ましいと考えているのでしょう。

つまり、駆け込み乗車的な考えによって不動産担保が多くなっているということです。

中国で住宅を購入しようと考えている人たちは、これにかからないように早めに購入し、不動産担保ローンを利用するようになっているということです。

税金が取られるとなれば、日本でも中国でもこうした駆け込み乗車が多くなるのですよね。